(展望論文)

日本の特別支援学校における「自己」に関する教育実践の動向

要 旨:近年,特別支援教育の中で「自己」の重要性が指摘され,カリキュラムに反映されてきている。その「自己」の教育が注目される以前にキャリア教育が始まったことにより,「自己」の教育の重要性が示されるようになった。本論では,知的障害の個人差による「自己」について,語りという視点と,オリジナリティーの強い知的障害児童生徒の教育方針の中で「自己」の教育はどのようになされているのかという視点から検討した。キャリア教育は最終的に,社会の中で主体的に生きる力を培うことを目標としており,他者と上手く関わるためにはまず自己を知ることが大切であることと,個人に合わせた自己理解キャリアガイダンスプログラムの必要性,「自己」とそれに関わる様々な概念や機能が次々と現れ,キャリア教育に生かそうとする動きが見受けられることが示唆された。

キーワード:特別支援学校   自己   キャリア教育



本文PDF  (画面での閲覧に制限されております)

ご意見投稿掲示板