(調査報告)

障害のある幼児の家庭療育の現況に関する調査報告

−児童発達支援センター・幼稚園・保育所の障害児担当者による回答から−


要旨:児童発達支援センターと幼稚園・保育所に質問紙調査を実施し, 障害のある幼児の家庭療育の現況を明らかにすることを目的とした。
その結果,児童発達支援センター,幼稚園・保育所共に家庭療育は必要であると回答した職員が多いものの,保護者が家庭療育を行うことに対しては負担があると感じていたり,出題する際にも負担のないように,配慮して課題を出題していたりすることが明らかになった。また,内容に関しては両群において,家庭では身辺自立について取り組むできであると考えている職員が多いことが明らかになった。家庭療育を出題する際には,保護者の負担感にも配慮しつつ,家庭で行うべき課題を選別して出題する必要があると考える。

キーワード:家庭療育  障害幼児  保護者


本文PDF  (英文;画面での閲覧に制限されております)

ご意見投稿掲示板