(展望論文)

発達障害児の保護者に対する情緒的支援の概観
―支援の体系化と支援者のキャリア発達支援に向けた考察―


要旨:発達障害児の保護者が,子どもの特性に向き合いだす支援の初期段階における情緒的支援の実態を整理し,体系化と支援者のキャリア発達支援の観点から考察した。65件の論文の内容を検討した結果,障害受容,特性への気づきに関わる心情,メンタルヘルスといったテーマが扱われ,保護者の心情や状態のアセスメントと受容,心理療法的アプローチといった技術や態度が支援者には求められていることがうかがえた。一方で保護者のニーズ検証の不十分さと,情緒的支援で扱われるテーマの多様性からくる,一義的な体系化の難しさも課題として明らかとなった。今後は,保護者のニーズの検証を行う必要性とともに,多様性に対応するために,支援者側の考えや感情が情緒的支援においてどのように作用しているのかという観点からの検討も必要であると推察された。

キーワード:neurodevelopmental disorders(発達障害)  support for parents(保護者支援)  support for human service professions(支援者支援)


本文PDF  (画面での閲覧に制限されております)

ご意見投稿掲示板