はじめにお読み下さい
規約【インターネットによる発達障害チェックリスト】


本サイトが提供する「インターネットによる発達障害チェックリスト」をご利用になる方は、必ず以下の規約をお読みになり、その内容を了承した上でご利用下さい。


第1条(本規約の範囲及び変更)
  1. 本規約は、日本発達障害支援システム学会内「システム革新・研究開発支援センター」が、「インターネットを利用した相談システムの開発に関する研究」のために公開するサイトのサービスに関しての利用を規定したものです。
  2. 本サイトに提示される運用規定は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 利用者は、本サイトのサービスを通して、他のネットワーク及びリンク先のサイトに接続する際は、接続先で定められている規定に従うものとします。
  4. 利用者が任意のサイトに本サイトへのリンクを設置する際には、必ず事前に、本サイト管理者tamechan@ei.tohoku.ac.jpに電子メールによってその旨を伝えることとします。また、本サイト管理者が指定したページのみにリンク可能とします。これらを守って戴けない場合、また、本サイト管理者が不適当なリンクと見なした場合、リンクを断ることがあります。


第2条(提供するサービス)
  1. 本サイトのサービスは、以下のサービスで構成されています。

    (1)インターネットによる発達障害教育診断
        (インターネットを利用した発達アセスメントと治療教育指針)

    (2)インターネットによる発達障害生活適応支援チェックリスト
        (インターネットを利用した生活適応アセスメント)

  2. 前項の規定に関わらず、本サイトのサービスの内容は、その時点で合理的に提供可能なものとします。
  3. 本サイトの利用期間は、平成11年10月1日からとします。


第3条(禁止事項)

利用者は、以下の行為を行わないものとします。
  1. コンピュータウィルス等有害なプログラムを本サイトのサービスに関連して使用し若しくは提供する行為。
  2. 本サイト管理者、他の利用者、そのほかの第三者又は、本サイトに損害を与え、又は与えるおそれのある行為。
  3. 事実に反する情報を提供する行為。
  4. 本サイトを通じて提供される情報を改ざんする行為。
  5. 本サイト管理者の承諾なく、本サイトのサービスを通じ、又は本サイトのサービスに関連して営利を目的とする活動を行う行為。
  6. 他の利用者や第三者の著作権、そのほかの知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
  7. 他の利用者や第三者を誹謗又は中傷したり、名誉を傷つける行為。
  8. 他の利用者や第三者のプライバシーを侵害する行為。
  9. 公序良俗に反する行為あるいは公序良俗に反する情報を他の利用者に提供する行為。
  10. 選挙の事前運動又はこれに類似する行為。
  11. 本サイトの運営を妨げるような行為。
  12. その他、法令に違反する行為、または違反するおそれのある行為。
  13. その他、本サイト管理者が不適切と判断する行為。


第4条(著作権)
  1. 利用者は、事前に本サイト管理者または著作権者の特段の許諾がある場合をのぞき、原則として、本サイトのサービスを通じて提供される著作物あるいは入手した情報をも、複製、販売、出版その他私的使用の範囲内を越えて使用する事は出来ないものとします。
  2. 利用者は、前項に反する行為を第三者にさせることは出来ないものとします。


第5条(本サイト管理者の免責)
  1. 本サイト管理者は、理由の如何を問わず、本サイトのサービスの提供が遅延しまたは、中断したことに起因して利用者または第三者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。
  2. 本サイト管理者は、利用者が本サイトの利用を通じて得た情報等の正確性、特定の目的への適合性等について、一切保証責任を負わないものとします。また、これらの情報等に起因して生じた損害に対しても、一切の責任を負わないものとします。
  3. 本サイト管理者は、本サイトを通じて提供される情報に関し、利用者と他の利用者あるいは第三者と紛争が生じた場合、利用者は、自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、本サイト管理者に損害を与えないものとします。


第6条(個人情報保護)
本サイト管理者は、本サイトのサービスに関して、管理者及びその共同研究者が知り得た利用者の秘密情報を第三者に漏洩しないものとします。なお本サイトは、前記研究のために作成されたものであり、個人情報保護に十分な配慮を行った上で、研究に利用することがあります。

第7条(インターネットによる発達障害教育診断)
  1. 本サイトにおけるサービス「インターネットによる発達障害教育診断」では直接の問診形式をとっておりません。発達障害に関するこれまでの研究成果から推察される、一般的な傾向を提供するものです。したがって、この発達障害教育診断では正確な結果が得られない場合があります。あらかじめご了承ください。
  2. 本サイトにおけるサービス「インターネットによる発達障害教育診断」は、以下の順序と内容で構成されています。
    (1)プロフィールシートへの記入
    (2)発達チェックシート
       (6歳までのお子さん)運動−言語−認知−生活、のチェックシート
       (7歳以上のお子さん)言語−かず−運動−生活−仕事・作業、のチェックシート
    (3)障害・行動特性チェックシート(疑われる障害についてのチェック)
    (4)結果の表示(発達の評価−指導・養育の指針の順序で表示されます)
  3. 本サイトは、相談の申し込みではありません。本サイトにおいて発達障害教育診断を行なわれても、後日こちらから返答するようなことはありませんので、あらかじめご了承下さい。

付則
この規約は、平成11年10月1日から実施します。
なお、この規約は予告なく変更することがあります。


「インターネットによる発達障害教育診断」は、Netscape Communicator 4.7、または Microsoft社製Internet Exproler 4.0以上でのご利用を推奨します。
Netscape Communicatorのページへ Internet Exprolerのページへ



以上の内容をご了承いただけた方は、以下の項目を1つずつ選択して、次のページへお進み下さい。

年齢層     疑われる主な障害

0歳〜6歳

7歳〜15歳
   
知的障害
言語障害
ダウン症
自閉症
広汎性発達障害
学習障害
注意欠陥/多動性障害
聴覚障害
不明
 




先頭ページへ戻る



日本発達障害支援システム学会
(JASSSDD)
システム革新・研究開発支援センター


東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学特殊教育研究施設内