日本発達障害システム学会

日本発達障害支援システム学会(JASSSDD)は、発達障害を対象とした学術研究を推進し、発達障害者の支援方法とそのシステムの発展を目的として発足した学術研究会です。
特にインターネットの利用に重点を置き、インターネットで学術研究の交流と公開を行います。また、年に一回オンラインでの研究大会を開催します。
投稿論文は従来通りの機関誌としての刊行と同時に、本サイトでも公開します(会員限定)。
(2006年7月、日本学術会議の協力学術研究団体に登録されました。| 掲載箇所 | )


2017.3.15 NEW!  公開査読論文を1件掲載。  (2017.4.6 まで公開)
2017.1.10 機関誌『発達障害支援システム学研究』第15巻第2号をサイト掲載。(会員のみ閲覧可)
2016.9.28 2016年度研究セミナー・研究大会のウェブサイトが公開されました。
(研究セミナー・研究大会は盛会のうち無事終了しました!)
大会賞は次の3題です。(2016.12.22)
  『成人期知的障害者の問題解決能力に関わる知的機能の特徴』
     発表者:今枝史雄(東京学芸大学連合学校教育学研究科)・菅野敦(東京学芸大学)
    『グループホームにおける小遣いの金銭管理支援』
     発表者:秋山清恵・金田大志・前川恵理・石橋聡美
          (社会福祉法人武蔵野千川福祉会)
    『障害理解教育における系統的カリキュラムの検討』
     発表者:山田真幸・印南勇佑・深澤亮介・米田翼・吉田竜太朗・宮本舞花
          (学校法人 武蔵野東学園)
    『知的障害児における音楽的介入効果の観察項目と定量化の試み』
     発表者:大澤ちづる(東京学芸大学教育学研究科)・林安紀子(東京学芸大学)

学会の概要   入会申込   機 関 誌
目的・成り立ち
事業内容
組  織
会  則
 
    編集委員
既 刊
公開査読
編集規程
論文執筆・投稿規程
編集委員会内規
 
年次大会   for Members   連絡先
 (準備中)   (工事中)  

本学会関連のサイト
(本学会「システム革新・研究開発支援センター」運営)
 
インターネットでできる発達障害の簡易評価

動画を利用した福祉施設の紹介と
事前適性簡易チェックシステム(試験運用)

知的障害養護学校における個別の指導計画データバンク
 

その他のリンク
日本学術会議 第一部ニューズレター(人文・社会科学系)
本学会関連出版物のお知らせ
 
『LCスケール 増補版 言語・コミュニケーション発達スケール』  
LCスケール 増補版
 言語・コミュニケーション発達スケール』


大伴潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野敦 著

[解説と絵図版のセット]
学苑社・5,040円(税込)

詳しくはこちら(学苑社のサイトへ)
Amazon | 紀伊国屋 |

検査道具と解説CD−ROMが付いたセット
もあります


『LCSA 学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール』  
LCSA
 学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール』


大伴潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野敦 著

[施行マニュアルと課題図版のセット]
学苑社・5,250円(税込)

詳しくはこちら
Amazon | 紀伊国屋 |

 

『障害児者の理解と教育・支援〜特別支援教育/障害者支援のガイド〜』  
改訂新版
『障害児者の理解と教育・支援
   〜特別支援教育/障害者支援のガイド〜』


橋本創一・菅野敦・林安紀子・大伴潔・小林巌・渡邉貴裕・
霜田浩信・武田鉄郎・千賀愛・池田一成 編著

金子書房・1,800円(税別)

詳しくはこちら(金子書房による紹介)
Amazon |  紀伊国屋 |