(実践研究)

学習困難児に対する視覚的スキーマの活用を促すCAI教材を用いた算数文章題の指導

要旨:通常学級に在籍し計算はできるが算数文章題の学習に困難を示す小学5年生の児童を対象とし,算数文章題解決に関する個別指導を実施した。心理教育的アセスメントの結果、対象児は継次処理優位であった。指導においては中核的なつまずきを示す統合過程への支援に焦点を当て、視覚的スキーマの活用を促すCAI教材を用い、その有効性を検討した。指導の結果、プレ-ポストテスト間における正答率が上昇したのみならず、転移課題においても正答率の維持、および視覚的スキーマの自発的な活用による算数文章題の解決がみられ、表象化指導における視覚的スキーマ活用の有効性が示された。またCAI教材を活用することの利点として、対象児の課題への動機づけを維持できることと、指導者が対象児の詳細な問題解決過程の把握が可能となり適切な学習指導方略を提示できることがあげられた。

キーワード:算数文章題    CAI教材    視覚的スキーマ


本文PDF  (画面での閲覧に制限されております)

ご意見投稿掲示板