(原著)

自己評価に対する介入が知的障害のある自閉症スペクトラム児の
社会的コミュニケーションに及ぼす影響


要旨:知的障害のある自閉症スペクトラム障害児3名の社会的コミュニケーションの一形態である交互交代に対する自己評価の正確性の向上を目指した介入を試みた.その中で,ビデオ視聴による自己評価および集団場面における自己評価に対する結果操作の効果について検討した.また,標的とした交互交代に対する自己評価以外の介入を可能な限り行わず,自己評価に対する介入によって標的行動がどのように変化するのかについても検討した.結果,参加児3名において,自己評価の正答率の変化および自己評価と標的行動の生起との関連について相違がみられた。結果を踏まえて,自己評価の正確性を高めるために,知的障害の重症度が高くなるほど,具体的で付加的な結果操作が必要であることが示唆された.参加児が有する行動特徴(例:自己刺激行動)が自己評価の遂行や獲得のしやすさ,および標的行動に対する自己評価への作用においても影響を及ぼすことが示唆された。

キーワード:知的障害   自閉症スペクトラム障害   自己評価   交互交代


本文PDF  (画面での閲覧に制限されております)

ご意見投稿掲示板